卒業生の感想③ 「6ヶ月で驚くほど改善!」

S・Mさん(25歳、愛知)

6ヶ月サポートをご利用になり、過食症をほぼ卒業されました。感想を紹介いたします。

期間:2016年11月-2017年5月

対面カウンセリング24回です。

1.過食はどのくらい改善されましたか?

自分でも驚くほど改善されました。

カウンセリングを受ける前は、少しでも嫌な事や辛いことがあると食べたくて仕方なくなり、その後の苦痛なども忘れて食べて後悔し吐いて体がだるくて・・・を繰り返していました。

しかしカウンセリングを受け続けていくうちに、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら少しずつ過食の回数が減り、過食してもう一度頑張ろうと前向きになれるようになっていきました。

今ではほとんど過食をしなくなり、食べたくなっても、ここで食べたら後でもっと辛くなると冷静に判断で散歩に行ったり、趣味のぬり絵をしたりして過食への意識を紛らわしていけるようになりました。(➔この後、さらに衝動が減っていきます)

過食のツラさを数値で表していただいています。この方のみ5段階評価です。

2.Happy Floraでサポートを受けようと思った理由は?

初めに『Happy Flora』でサポートを受けてみようと思ったのは、カウンセラーさん自身も過食症を経験しており、それを克服したと知った事です。

 私は『Happy Flora』でお世話になる前、違うところでカウンセリングを受けていましたが、過食症専門ではなかったためか、あまり理解してもらえず、途中でカウンセリングをやめた事があります。

 そのためカウンセリングに対して消極的でしたが、カウンセラーさんの経験を知り、この人なら苦しみを理解してくれるかもと思い、一度カウンセリングに行きました。

 そして私のネガティブな考えもどんな感情も受け入れてもらえ、ここでカウンセリングを受けたら、何か良い方向に変わるのではと感じ、サポートを受けようと決めました。

3.カウンセリングで気づいたこと・感じたことは?

私は自分が何をどのように感じているのかを最初認識できていなかったと知りました。

 

そして、そのもやもやが食べたいという衝動につながっていたと気づきました。

 

また自分の感情を認識できてなかったのは、頭で考えすぎていて、〇〇してはいけないや〇〇すべきだなという考え方をしていたため、負の感情を感じる自分を否定していたからだと気づきました。

 

もっと感じたままに受け入れ、自分をもっと大切な存在だと自分の中で認めてあげる事が過食を治していくためでなく、もっと自由に楽しく生きていくために必要な事だと感じました

4.過食の他に良い変化はありましたか?

自分の感情や欲求を前よりも表現できるようになりました。

カウンセリングを受ける前は家族の中でも遠慮して、お歳暮などでもらったお菓子などを皆で分ける時何でもいいと皆が選んでから選んだり、誰がどれを欲しがるかを必死に考え、それ以外を選ぶようにしていました。

 

しかしカウンセリングで自分を大切にすることを学んでいくうちに、少しずつ自分は何が欲しいかを言えるようになったり、されると嫌な事などを相手に伝えたりと、自分をないがしろにしなくなってきました。

5.一番辛い時期をどう乗り越えましたか?

私が一番ひどかったときは過食をしては泣き、暴れたりしていました。また自傷行為もしていました。

そういう時は、いつも親が落ち着かしてくれたり、心に響く歌を聞き、思う存分泣いて疲れて寝て過ごし何とか毎日を過ごしました。

私の場合は会社での人間関係のストレスが一番ストレスが大きかったため、会社をやめ、毎日をなるべく自分のしたいように過ごす事で少しずつ落ち着いた時間を過ごせるようになりました。

今思うと、一番辛かった時は、自分の欲求を我慢して、毎日人に好かれようと必死でした。

 

今は自分の感情を人からどう思われるかより大切にできるからストレスが減り、毎日を落ち着いて過ごせるようになってきたのだと思います。

6.もしサポートを受けていなかったら?

カウンセリングを受けていなかったら、きっと今も自分を大切にできず、相手からの評価ばかり気にして毎日びくびくしながら過ごしていたと思います。

当然、そのストレスから過食も治らず、食べては後悔ばかりしてどんどん自分を嫌いになっていたと思います。

また、今は思い切って仕事をやめストレスを減らして自分を見つめ直す時間を大切にできているけれど、それができずに仕事を続けたり、やめては焦って新しい職場を探しては人間関係に悩み、毎日をストレスいっぱいで心がもやもやしたまま過ごしていた思います。

7.サポートを受けようか迷っている人に一言!

私はカウンセリングを受けた事で自分の存在を大切にする事の大切さやありのままに感じた事を受け入れ表す事の大切さを学びました。

それはカウンセリングを受けていなければ、気づけなかったと思います。もし気づいたとしても、それをどういった方法で自分に取り入れればよいかわからず、自分を大切にできたらいいのにと思いながらずっと生きていかなければならなかったと思います。

カウンセリングで、自分の感じた事を話したり、解決方法をアドバイスしてもらったりする事で、少しずつ自分を変え、辛い事を克服できるようになって行くと思います。

8.カウンセラーはどんな人?

私の自分への歪んだ考えや色々な感情をいつも受け入れてくれて、そのうえでアドバイスをしていただけるので、話しているときも私の話を真剣に聞いてくれると思い、正直に自分の悩みを話せました。

私はすぐ一般的に良いと言われるだろう事を自分もしたいと本当の自分を偽ってしまうクセがありましたが、そういう時も、本当にそうなのかを自分の心に聞くようにさとしていただけ、自分の心を大切にすることの大切さを根気強く考えていただけました。

カウンセラーさんの考えではなく、私がどう感じるかを大切にしてくれる心の温かい人だと感じています。

9.カウンセリングでは何が一番役立ちましたか?

特に毎日の生活で役に立っていると思う事は、自分の心を大切にし、自分の心に聞いてみる事を教わった事だと思います。

毎日の生活の中で、自分の体調が悪かったりして、何も手に付かない日があります。

以前はそういう時でも動かなきゃいけないと頭で考えて、動けない自分をすごく情けなく思っていました。

しかし自分の心に聞くようになってきてから、今日は仕方ないよね、と自分を納得させられるようになりました。

また仕事についても焦ってしまう事もありますが、そういう時に自分の心がどう感じるかを大切にすることで、自分が今一番必要としている事が分かるようになりました。

10.これから何を大切にして生きますか?

自分がその時その時何をしたいか、何を感じどう行動したいかを大切に生きていきたいです。

以前は人から私はどう思われているか、これをしたら、こんな事を言ったら嫌われるのではないだろうかと、人の目線を意識して過ごしてきました。

そのせいで、何をしても、何を言っても後から、その言動に対して不安になり、びくびくしていました。そしていつの間にか人に合うのも怖くなってしまいました。

しかしカウンセリングを受け続けた事で、自分の感じた事をありのまま受け入れる事が自分らしく生きていく上でとても大切だし、感情を受け入れて良いと知る事ができました。

なのでまずは自分がどう感じているのか、何をしたいかを大切に自分の全てを受け入れてのびのびと生きていきたいです。

11.今後どうなっていきたいですか?

今まではカウンセリングを受け、今は自分を見つめ直し、自分を大切にすることが一案必要後思ったため、人と関わるとすぐ相手の目線に意識がいってしまうため、あえて人と関わる事を避け、のんびり過ごしてきました。

これからはカウンセリングでサポートを受けながら、人と関わる中でも自分を大切にしながらコミュニケーションをとっていけるようになりたいです。

少しずつ友人と会うようにしたり、買い物に行く時、店員さんとの関わりに以上にストレスを感じずにコミュニケーションをとったりしていきたいです。

そして自分がどんな仕事をしたいかなど将来についても明るく考えていけるようになりたいです。

12.その他ご自由にどうぞ。

今回この6ヶ月を振り返ってみて、初めに比べて私はずいぶん成長できていたんだなと実感しました。

そして良くなったり悪くなったりしていて、あまり実感できていなかったけれど、私は私なりに頑張っていたんだなと自分を認めてあげられることができました。

今では前よりも自分の気持ちを大切にできて、嫌われるかもしれないという考え方も少なくなったように思います。

これからも少しずつでも自分らしく生きていけるように自分の感情を大切にして生きていきたいと思います。

お問合せ・ご相談はこちら

定休日
日曜

お問合せフォームは24時間受付けております。
お気軽にお問合せください。