学ぶことが近道!

過食改善に大切な6つのポイント

過食症を改善するためには、次の6つのポイントを押さえることが必須になります。

「ありのままの自分」を受けれる

ありのままの自分が答え

過食症の一番の原因は「ありのままの自分でいい」と感じられる安心感の不足です。

「こんな自分ではダメだ」という自己否定が心のベースにあり、ダイエットや過食をやめられなくしています。

ありのままの自分を大切にし、無理や我慢を減らしていくことが、過食症を卒業するためにとても大切です。

自由で楽しい食生活を学ぶ

食べることは大きな喜び

過食症の改善には、「食べ物・食べること」についての認知を変えることが必要です。

食べ物は、あなたを太らす敵ではなく、あなたに栄養を与えて美しくしてくれる最大の味方です。

食べたものがあなたの体をつくります。基本はバランスよく食べながら、「本当に食べたい物を美味しく食べる」ことができるように学ぶことが必要です。

子ども時代の「心の傷つき」を癒す

自分とつながり、心が温かくなる

全ての人の中に「傷ついた子供の心=インナーチャイルド」がおり、無意識のうちに物事をどう捉えどう反応するかに影響しています。

インナーチャイルドが寂しさを抱えていたり、不安だったりするために「安心感」を求めて過食が起きていることが多いです。

セラピーで、インナーチャイルドを癒すことで、あなたの現実の人生も変化します。

人間関係の適切な境界線を学ぶ

境界線で自分を守る

過食症に悩む人は「他者との境界線が弱い」傾向があります。人の気持ちを敏感に察知して、自分の気持ちを「我慢」することが多いはずです。(半ば無意識に)

それは心が優しいためですが、ストレスから過食が起きてしまうため、適切な境界線意識を保てるようになることは不可欠です。

また、人に振り回されないよう「自分軸」を学ぶと、人間関係のストレスが減り、結果的に過食も減ります。

「答えは自分の中にある」ことを学ぶ。

あなたの♡を大切に。

あなたが幸せになるために必要な答えは、すべてあなたの中にあります。

親や先生の意見、一般論、常識、専門家のアドバイスなどは参考資料に過ぎません。

「××すべき」「△△しなければならない」ではなく、「〇〇したい」「〇〇を選ぶと楽」で選べるようになると、苦しさが減り、もっと楽になり、人生が変わり、過食も不要になります。

繊細・敏感な自分を大切にする

繊細さはあなたの魅力!

繊細で敏感な人のことをHSP(Highly Sensitive Person)と言い、過食症の原因のひとつでもあります。

HSPは生まれつきの脳の性質であり、欠点や短所ではありません。適切に守り育てると、才能として生かせるようになります。

HSPであるために抱えやすい自己否定と対人関係でのストレスを減らすことが、過食症の改善に必要です。

お問合せ・ご相談はこちら

定休日
日曜

お問合せフォームは24時間受付けております。
お気軽にお問合せください。