過食症は病院で治るのか?

薬のみでは変わりません。

「病院に行けば過食症は治る」と思う人は多いですが、現実は違います。過食症は「難病」に指定されており、原因や解決方法も明確にはわかっておらず、病院に行ってもなかなか治りません。

当サロンをご利用のお客様の約90%が、病院で受診した経験がありますが、治る希望を感じられずに長年苦しんでいました。残念ながら、苦しみを理解してもえずに傷つく結果になった方も少なくありません。

私の経験と現状

私も過食症で悩んでいた頃に、2か所の病院に行きましたが、短時間の診察と薬の処方だけでは治ると思えず通うのをやめた経験があります。

臨床心理士のカウンセリングも受けたこともありましたが過食症の専門家ではないため、多少自己理解が深まったものの過食が治ることはありませんでした。

病院の役割

しかし、病院にしかできな役割もあります。

① まず、「あなたは過食症ですよ」という診断は病院でしかできません。

② 他の病気の「二次障害」として過食が起きていないかも診断してくれます。

③ 必要であれば、抗うつ剤や睡眠導入剤などのお薬を処方してくれます。

④ 学校やお仕事を休む場合に、診断書を書いてもらうことができます。

このように病院でしかできないことがあるため、病院を利用することも大切かと思います。

病院ではなかなか治らない理由

しかし「過食症を根本的に解決すること」を病院に期待するのは現実的ではありあせん。過食症は、手術や薬の投与で治療できる病気ではなく、「生き方を根本的に変えること」が必要な病です。

「無理をする」「我慢する」「辛い努力をする」「頑張り過ぎる」「みんなに合わせて普通に生きる」ではなく、「ありのままの自分を認め、受け入れ、大切にすること」ができるようになることが、過食改善には不可欠です。

ですから、過食を本当に改善するためには、あなたがそのように変わっていくことを親身になって支援してくれる支援者を選ぶことが必要です。

有名な大学病院の先生だから、という理由で過食症の治療が実際にできるわけではありません。(病院の役割として、ひとりひとりに長い時間をかけるようなていねいなサポートは難しいという現実もあります)

過食症を改善するために必要なこと

過食症を改善するためには、バランスの良いサポートが必要です。

①ていねいな心理カウンセリング

②食べ物と上手に付き合うためのレッスン

③きめ細やかな対応とサポート

こちらの3点は大切で、どれが抜けても過食地獄から抜け出すことは難しくなります。

 
『Happy Flora』のお客様

『Happy Flora』のお客様の中には、精神科で診断を受けてお薬を処方してもらいながら、当サロンのサポートを利用して過食症を根本的に解決された人もいます。

また、反対に「精神科では治らない、薬は合わない(薬を飲む必要を感じない)」と感じて、当サロンのサポートだけで過食症を卒業された人もいます。

お問合せ・ご相談はこちら

定休日
不定休
(メール対応は土日休み)

お問合せフォームは24時間受付けております。
お気軽にお問合せください。